青山敦研究室 >  研究室 >  マスターで学びたい方へ

マスターで学びたい方へ

社会人学生 指導方針

社会人学生は、業務課題を持っていますが、それをモグラ叩き式に取り組んでいても、本当の課題解決にはつながりません。まず業務課題について、半年から10カ月徹底的に議論することによって、本質的な問題を見出します。最終的には、国際学会での発表や学術誌への掲載が可能なレベルの研究を目指します。

一般学生(学部からの進学生) 指導方針

一般学生は、学生の持つ問題意識から出発します。学生の持つ問題意識はあまりにも広すぎて焦点が絞られていないことが多いので、半年から10カ月議論して、2年間で遂行可能でかつ社会的に意味のある研究課題を設定します。最終的には、国際学会での発表が可能なレベルの研究を目指します。