青山敦研究室 >  統合学とは

統合学とは

研究分野

リスクマネジメント、バリューチェーンマネジメント、ナレッジマネジメント、サプライチェーンマネジメント、ビジネスモデリング、ビジネスシミュレーション、技術知識基盤、プロセスシステム工学

研究内容

  1. ナレッジマネジメント(情報収集・蓄積・分析・伝達・加工・活用)によるビジネス最適設計プロジェクト
    • 技術開発、マーケティングリサーチ、製品開発、製造、販売、アフターサービスのバリューチェーンにおける情報の流れを最適設計して、新技術開発、新製品投入を成功させるための方法
    • 企業内外に存在するナレッジを有効活用する仕組みを構築して、マーケティングリサーチ、技術開発、製品開発、製品製造、SCMを高度化する方法
  2. メトリックスと評価工学プロジェクト
    • 測れないものは管理できない。このプロジェクトではバリューチェーンのパフォーマンスを向上させリスクを管理するための業務価値やリスク、環境負荷、技術その他の知的財産の管理指標の設定・評価方法を研究
    • さらに、評価結果をバリューチェーンのパフォーマンス向上、リスク管理にフィードバックする方法を研究
  3. ビジネスモデルと価値の研究
    • なぜ儲かる企業と儲からない企業があるのか?その要因をビジネスモデルやビジネスエコシステムの観点で解明・評価して、成功するビジネスモデルをデザインする方法
    • ネットワーク情報収集とシミュレーション研究データマイニング、テキストマイニングやマルチエージェントシミュレーションなどの情報技術を企業経営の高度化やイノベーション創出に活用する研究