【NEW!】
2019年3月10日(日)シンポジウム 
「超高齢化社会と人工知能/IoT/サービスロボット」
2019年3月24日(日)ワークショップ
「IoT/サービスロボット活用ソリューションを考える」

Categories:未分類

R-Giro研究拠点形成プロジェクト「高齢者の生きがい生産労働化」

≪click☟ シンポジウム・ワークショップチラシ≫
「超高齢化社会と人工知能/IoT/サービスロボット」


「人工知能(AI)とロボットの人間社会にとっての意味と実装の探求」をテーマに、新技術とそれを受け止める「社会」に着目するシンポジウムとワークショップのご案内です。
人工知能やロボットの発展は大きなビジネスチャンスであるだけでなく、人間の働き方や生き方、マネジメントを否応なく変質させる可能性を持っています。
今回のシンポジウムは、新技術に対して、受け入れる側の社会の現状はどうなっているのか、特に高齢者の実態についてご紹介します。
また、2週間後のワークショップでは、2018年に実施したアンケートの調査分析結果を共有しながら、高齢者が直面している課題に対してAI/ロボット/IoTによるソリューションについて検討します。

【講演会&パネルディスカッション】
■日時:2019年3月10日(日)講演会 13:00~17:10 交流会 17:20~18:50
■場所:立命館大学大阪いばらきキャンパス B棟2階ラーニングスタジオ(275・276)
OICキャンパスマップ

※24日も場所は同じです


■講演内容
①Society 5.0 社会実装への挑戦~「見守らないやさしさ」御用聞きAI~
株式会社エルブズ 田中秀樹代表取締役社長
②高齢者活躍の現状・これからの可能性とは
株式会社パソナマスターズ 中田光佐子代表取締役社長
③IoTの介護への導入~高齢者の状態把握や安否確認~ 
株式会社やさしい手 香取幹代表取締役社長
講演終了後、交流会開催


【ワークショップ】
IoT /サービスロボット活用ソリューションを考える
■日時:2019年3月24日(日)講演会 13:00~16:00
■場所:立命館大学大阪いばらきキャンパスB棟2階ラーニングスタジオ(275・276)
■ワークショップ内容
 複数のチームに分かれて、2018年に実施したアンケートの調査分析結果を共有しながら、高齢者が直面している課題に対して、AI/ロボット/IoTを使ったソリューションについて、意見交換します。


■■申込はこちら➡➡申込フォーム

※シンポジウムか、ワークショップのいずれかの参加でも可能です

主催:
「人工知能(AI)とロボットの人間社会にとっての意味と実装の探求」グループ(リーダー:テクノロジー・マネジメント研究科・青山敦教授)
「次世代人口知能と記号学の国際融合研究拠点」プロジェクト(リーダー:情報理工学部・谷口忠大教授)
第3期拠点形成型R-GIRO研究プログラム 立命館大学グローバル・イノベーション研究機構

【NEW!】2018年冬の懇親会開催

Categories:未分類

2018年12月月8日(土)

梅田キャンパスにてMOTを修了した学生さんも参加され研究室ミーティングを行いました。
その後、懇親会から合流した在学生・社会人・RIMOTのみなさまも加わり総勢22名での懇親会となりました。
現在、青山研究室は留学生・社会人学生も増えてかなり賑やかです。
ゼミもグループ分けをして開催しているので
普段会えないメンバーもいるのですが、食事をしながら楽しく交流を深められたようです。

※【参加者のみなさまへ】ご自分の一番いい顔の写真をダウンロードしてください。

写真1

写真2

写真3

2018年7月夏の懇親会開催(京都)

Categories:未分類

2018年夏の懇親会2018年7月14日(土)祇園祭で賑わう京都烏丸四条にて2018年夏の懇親会を開催いたしました。
朱雀キャンパスで研究室ミーティングを行ったあとに四条烏丸に移動して
祇園祭のお囃子を聞きながら懇親会場に向かいました。
懇親会後に山鉾を見に行ったり、山鉾にあがってみたりするメンバーもいたようで留学生にとっては貴重な経験になりました。

2017年冬の年末懇親会

Categories:未分類

2017年新年懇親会2017年12月9日(土)大阪にて2017年年末懇親会を開催いたしました。
毎回、在学生と修了生が参加し、普段会えないメンバーと研究などについて話ができる貴重な時間になっています。

11月21日(火)ライスボールセミナーが開催されました
講師:Alexander Guzman Urbina氏

Categories:未分類

2017年11月21日(火)立命館大学茨木キャンパスにてライスボールセミナーが開催されました。
ライスボールセミナーとは立命館大学の教職員・若手研究者(ポストドクトラルフェロー・研究支援者)・大学院生・学部生、など学内関係者を参加対象として、昼食の時間に軽食をとりながら、研究者の研究発表およびフリーディスカッションを行うセミナーです
ライスボールセミナー

このライスボールセミナーに青山研究室在籍のAlexander氏が優秀な若手研究者として講師に選ばれました。
MOTで日々研究した成果が学生・教授・立命関係者の参加者の前で発表できることは大変貴重な機会でした。更なる研究と今後の活躍が期待されます。

■写真1枚目は当日会場入り口。
■写真2枚目はセミナー冒頭、青山教授が講師のAlexanderさんの紹介と
この研究についてなどの説明をされているところで会場の期待が高まりました。
■写真3枚目は発表中のAlexanderさん
■写真4枚目は会場全体
今回は学生や留学生の参加者も多く、AIの関心の高さがうかがえました。

会場全体の様子

講師のAlexanderさん

セミナー冒頭の青山教授の挨拶

会場入り口

修士2回生 脇本美知代さん
「第19回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ」にて
ベストポスター賞ゴールドを受賞されました!

Categories:未分類

2016年夏 懇親会 2017年8月24日~25日 岐阜県にて「第19回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ」が開催され、青山研究室所属の修士2回生脇本美知代さんがベストポスター賞ゴールドを受賞されました!

【研究タイトル】 無効指摘にだって何らかの価値があるはずだ! ~ソフトウェアデザインレビューにおける指摘価値の検証~ 
【研究概要】ソフトウェアのデザインレビューにおける指摘は、
通常、クリティカルに 品質に繋がる指摘(=有効指摘)と誤字脱字や体裁など直接品質に影響しない指摘(=無効指摘)に分類される。デザインレビューを実施した後は 様々な品質分析を行うが、これは有効指摘に対してのみ実施され、無効指摘は件数のみの計測に留まるケースが多い。
本研究は「無効指摘にも何らかの価値があるはず」との考えのもと、無効指摘の価値を解き明かすことを目的とする。 

≪「第19回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ」(略称:SWEST19)≫
SWEST

≪表彰式の模様≫
※準備中

2017年7月15日MOT公開ゼミと
研究室懇親会開催

Categories:未分類

2017年7月15日(土)立命館大阪梅田キャンパスにてMOT公開ゼミが開催されました。
MOT教授陣が順番に一般公開でゼミをおこない、第2回目の担当は青山教授でした。社会人の申し込みも多く、研究室からは現在のゼミ学生だけでなくMOT修了生も参加して日頃の研究内容を発表しました。

■写真1枚目は青山教授がご自身の研究内容と普段のゼミの様子を説明されている様子です。
■写真2枚目は博士課程Alexander Guzmanさん
 今年Newcastle大学で2カ月間研究された内容を発表されました。
■写真3枚目は博士を修了された客員協力研究員の井上美和夏さん
 青山教授と共にR-GIRO研究プロジェクトに参加され、その内容を発表されています。
第3期拠点形成型R-GIRO研究プログラムプロジェクト 次世代人工知能と記号学の国際融合研究拠点
■写真3枚目は公開ゼミ終了後の恒例の懇親会
今回も参加者が多く、途中席替えをしてみなさんが交流を深めたとても素敵な懇親会でした。

2017年夏の懇親会

客員協力研究員の井上美和夏さん

博士課程後期課程のAlexander Guzmanさん

青山教授の発表

青山研究室2017年新年懇親会

Categories:未分類

2017年新年懇親会1月20日(金)京都市内で2017年新年懇親会を開催いたしました。今回は在学生はもちろん、修了して初めて参加いただいた方もいらっしゃって大いに話が盛り上がりました。次回は夏の開催予定です。元青山研究室の皆様もご都合が合えば是非ご参加ください!

Alexander Guzmanさんの論文が
Journal of Loss Prevention in the Process Industriesに掲載されました!

Categories:未分類

青山研究室所属の博士課程後期課程のAlexander Guzmanさん
青山敦教授、崔裕眞教授の論文が Journal of Loss Prevention in the Process Industriesに
掲載されました
とても素晴らしいジャーナルに掲載されたことで今後の活躍が期待されます

≪掲載論文、掲載ページ≫
Journal of Loss Prevention in the Process Industries, Volume 45 (2017), 1-17.

≪タイトル≫
“Measuring the Benefit of Investing in Pipeline Safety Using Fuzzy Risk Assessment”

≪click☟  Free reading at Science Direct ※2月まで≫
Measuring the benefit of investing in pipeline safety using fuzzy risk assessment

PSE Asia2016 Excellent Student-Paper Award 青山研究室の博士が受賞!

Categories:未分類

PSE Asia2016 Excellent Student-Paper Award!

Alexander GuzmanさんがExcellent Student-Paper Awardを受賞されました!

2016年7月に東京大学で実施されたPSE Asia2016 の数多くの発表の中から
青山研究室のAlexander Guzmanさんの論文がExcellent Student-Paper Awardを受賞されました。

≪タイトル≫
“Maximizing the Benefit of Energy Safety Using Fuzzy Risk Assessment: The Case of Oil & Gas Pipelines”

≪click☟ 受賞者一覧≫
Asia2016 Excellent Student-Paper Award