修士2回生 脇本美知代さん
「第19回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ」にて
ベストポスター賞ゴールドを受賞されました!

Categories:未分類

2016年夏 懇親会 2017年8月24日~25日 岐阜県にて「第19回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ」が開催され、青山研究室所属の修士2回生脇本美知代さんがベストポスター賞ゴールドを受賞されました!

【研究タイトル】 無効指摘にだって何らかの価値があるはずだ! ~ソフトウェアデザインレビューにおける指摘価値の検証~ 
【研究概要】ソフトウェアのデザインレビューにおける指摘は、
通常、クリティカルに 品質に繋がる指摘(=有効指摘)と誤字脱字や体裁など直接品質に影響しない指摘(=無効指摘)に分類される。デザインレビューを実施した後は 様々な品質分析を行うが、これは有効指摘に対してのみ実施され、無効指摘は件数のみの計測に留まるケースが多い。
本研究は「無効指摘にも何らかの価値があるはず」との考えのもと、無効指摘の価値を解き明かすことを目的とする。 

≪「第19回組込みシステム技術に関するサマーワークショップ」(略称:SWEST19)≫
SWEST

≪表彰式の模様≫
※準備中

Comments are closed.